セフレの作り方!初心者でも簡単にセックスフレンドを募集できる出会い系をご紹介

セフレの作り方

彼氏・彼女ではなく、セックスを楽しむ関係の友人をセフレ(セックスフレンド)と言います。

「セフレって簡単に作れるの?作り方を知りたい!」

今、セフレを探している、もしくは探そうとしている人は、まずそんなことを考えると思います。
彼女・彼氏を作る事とは違い、セフレの作り方は普段あまり知りえない情報ですよね。

筆者

筆者

当サイトでは、筆者がセフレを作るために色々試した結果、最も効率の良かったセフレの作り方を紹介したいと思います。

「今までセフレを作ったことなんてない・・・けどセフレが欲しい!」

という人はぜひ読んでみてください。

当サイトでは、筆者がセフレを作るために色々試した結果、最も効率の良かったセフレの作り方を紹介したいと思います。「今までセフレを作ったことなんてない・・・けどセフレが欲しい!」という人はぜひ読んでみてください。

筆者が3年間で実際にセフレを作れた出会い系TOP4

画面スワイプで4位まで表示

順位1位2位3位4位
サイト名ハッピーメールハッピーメールワクワクワクワクJメールJメールPCMAXPCMAX
女性会員数日本最多級約2,000万人約750万人約650万人約1,300万人
1日あたりの
書き込み件数
4サイト中最多約50,000件約25,000件約35,000件約20,000件
出会うまでに
必要なpt
※参考値
ポイントが安い!約100~200pt
(約1,000円~2,000円)
約150~300pt
(約1,500円~3,000円)
約100~300pt
(約1,000円~3,000円)
ポイントが安い!約150~250pt
(約1,500円~2,500円)
筆者が作った
セフレの人数
最も作りやすい16人5人8人4人
公式サイト
※18禁
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

筆者が努力と失敗から導きだした「効率的にセフレを作る方法」

3年ほど前、24歳の大学中退フリーターだった筆者は、当時4年間付き合っていた彼女にフラれ、滾る性欲の行き場を失ってしまいました。

「エッチしたくても彼女もいないし、風俗に行くのも金がかかるし…」

そんなことを思っていたある日、ふと思いつきました。

筆者
筆者
彼女を作るよりも、何人もセフレを作った方が、セックスし放題なんじゃ…

早速ネットや雑誌でセフレの作り方を調べて実践し、たび重なる失敗に悔し涙を流しながらも、努力の結果、1ヵ月で1人の女の子とセフレになり、1年経つ頃には15人以上のセフレをGETするのに成功したのです。

特にルックスも良くない私が、街でナンパしたり、出会いを求めてクラブに行ったり、出会い系を試してみたり、試行錯誤した結果、最も効率よくセフレが作れる方法は「出会い系」だということが分かりました。

筆者
筆者
昔、筆者は出会い系に対し「怪しい」「危険」といったイメージを持っていましたが、実際に使ってみるとそのイメージは一変しました!

安全性の高まりとスマホの普及で出会い系はより身近に

出会い系サイトを実際に利用してみると、身分証による年齢確認や、身近な人とマッチングさせないシステムなど、危険どころかとても安心して利用することができました。

誰もがスマホを持っている現在、出会い系はかなり身近なものになり、20代の若い人の間では「マッチングアプリ」「恋活アプリ」などと呼ばれ、ネットを使った出会い方のひとつとして多くの人から市民権を得ているほどなんです。

出会い系サイトは今や5人に1人が利用している

立教大学では、独自で全国の20~39歳の未婚の男女を対象に「出会い系に関する調査」をWEBアンケート方式で実施していて、じつに20~39歳の男女の5人に1人が出会い系を利用している結果が報告されています。

20代~30代男女のマッチングアプリ認知・利用状況

21.5%が利用したことがあると回答出典:「全国の20~39歳の未婚の男女に聞いた「マッチングアプリに関する調査」 /PR TIMES

利用したことがあると答えた人は全体の21.5%おり、利用したことがない人は78.4%いることがわかりました。
一見利用している人が少ないように見えますが、21.5%の男女は積極的に出会いを求めており、実際に筆者が利用している出会い系でも、出会いに積極的な20代の女性が多かったです。

筆者
筆者
筆者が使ってきた出会い系の中で、もっともセフレを作れたのは「ハッピーメール」という大手の出会い系でした。
かなり有名なので知っている人も多いと思いますが、会員数も多く、アダルトな出会いのサポートもしっかりしているのでセフレ作りには欠かせないんです。
筆者オススメ!ハッピーメール公式サイト

そのため、セフレ作りに出会い系サイトは重要視すべきなのですが、いくつか気を付けなければならない点があるため、次はセフレを作る前の注意点を説明したいと思います。

セフレを作る前の注意点

セフレを作る前に注意したいこと

セフレを作るときの注意点、それは「出会い方に気を付ける」ということです。

秘密を守れない口の軽い女性をセフレにしてしまうと、意外なところで知人とつながっていたりするため、自分自身のあらぬ噂が広がり、知人・友人・家族から信頼を失い、築いてきた人間関係を破滅させてしまうリスクがあります。

セフレを作る時に注意したいことは、

  • 友達や職場など繋がりのない素人の女性と出会うこと。
  • ノリが良く秘密を守れる女性と出会うこと。
  • お互い割り切った関係を維持できる女性と出会うこと。

すなわち、自分の属さないコミュニティで、初対面の秘密を守れる女性からセフレを作るということが重要です。

出会い系サイトであれば、まずセフレを探していることが周りにバレる心配もなく、お互い周りにバレたくない思いで出会い系サイトを利用しているので、秘密を守れる関係になりやすいのです。
多少お金はかかりますが、効率よく安全に探すなら出会い系などのサービスを利用することをオススメします。

筆者
筆者
この記事は、以上のポイントに気を付けながら筆者が3年間試行錯誤してきたセフレ作りの方法の中から、「今から簡単に実践できるセフレ作りの効率的な方法」を紹介していきます。

簡単に実践できるセフレを作る方法

ナンパ

祭りやイベント、繁華街で気軽に始められるナンパは、セフレを作る方法を考えたときに始めに思い付く方法ではないでしょうか?

路上(ストリート)で行うナンパのことを略して「ストナン」と呼び、昔から女の子と出会う手っ取り早い方法として行われてきました。

ナンパのメリット好みの女の子だけをターゲットに絞れる

ナンパ最大のメリットは、実際に顔や体を見て好みの女の子に声をかけることができることです。

出会い系など、顔の見えないネットの出会いにありがちな「実際会ってみたらブスorブサイクだった。」というケースを回避することができます。

ナンパに成功しやすい女の子の特徴

筆者
筆者
今までに筆者が実践した何百回ものナンパの中で成功した、比較的ナンパに成功しやすい女の子の特徴を公開します!

1人でスマホをずっといじっている子
ナンパに成功しやすい女の子の特徴:1人でスマホをずっといじっている

基本的にヒマしている女の子が多く、急に声を掛けても無視されることが少ないタイプの女の子が多い印象でした。
待ち合わせ中はその場から動くこともできないので狙い目です。

酔っ払ってフラフラ歩いている子
ナンパに成功しやすい女の子の特徴:酔ってフラフラ歩いている
まっすぐ足早に歩いている子は目的があるので、スルーされる確率が高いですが、飲み屋の多い通りを一人で歩いているような子は、声を掛けても邪険に扱われることが少なく、また、乗りの良いタイプが多いのでナンパ成功率が高い印象でした。

パチンコ店やゲーセンで1人遊んでいる子
ナンパに成功しやすい女の子の特徴:1人でパチンコ店やゲーセンにいる
パチンコ店や、ラウンドワンなどのゲームセンターで一人で遊んでいる女の子は、わりと暇な子が多く声もかけやすいんです。
さりげなく声をかけて仲良くなれば、飲みに誘ったり、カラオケなど誘いやすくなるのでおススメです!

筆者
筆者
ナンパしやすい女の子は、なにかしら特徴や共通点があるので、手あたり次第ナンパして無駄な労力をかけるよりも、以上の特徴に当てはまる女の子から狙ってみることをオススメします!
ナンパのデメリット労力に対して成功率が低すぎて割に合わない

このストリートナンパ、簡単そうに見えて実は最も上級者向けなんです。
筆者の経験上、成功率は100回声を掛けて1回成功するかしないかなので、かなりの粘り強さが必要です。

しかも、ナンパが成功しても即日セックスというケースが発生する確率はさらに低く、かける労力のわりにそれに見合うリターンが少なすぎるというのが現実でした。

かなりのイケメンでもないかぎり、あまりオススメできません。

ナンパにはトラブルがつきもの

なにより、声をかけて無視されるのは序の口で、暴言を吐かれたり、果てはお巡りさんや怖いお兄さんを呼ばれることもあったので、精神的な苦痛が重くのしかかります。

筆者
筆者
ナンパは準備もいらず手軽にできるのがメリットですが、よほどルックスがいいか、ナンパテクがない限り、最初のうちはやめた方がいいかもしれません・・・
ナンパの評価

オススメ度
狙える年齢層10代20代30代
出会えるまでの平均的な費用10,000円~(ナンパ成功時のみ)

クラブナンパ

クラブナンパは、お酒も入っているのでその場のノリとテンションが良く、ストリートナンパと比較して成功率が高い傾向があり、お持ち帰りすることができるので、ストリートと比べるとセフレ作りの難易度は若干低いです。

クラブナンパのメリット

  • アルコールが入っていてハメを外している
    →ノリでセックスに誘える
  • クラブでの盛り上がりの最高潮は深夜だから終電がない
    →即ホテル or自宅へのお持ち帰りが可能
  • 箱を選べばナンパ待ちの女の子しかいない
    →お持ち帰りしやすい

と、セフレを作る上でかなり良い条件がそろっています。
しかし、条件が良くても場所が悪ければ何の意味も持ちません。

クラブはセフレ作りの場ではない

クラブに出会いを求めて来ている人でも、女の子のタイプの男性でなければ、たいてい無視されたり、話しかけたとしてもスピーカーの音量がデカく、会話をするような空間ではなく、強引にいかない限りあまりいい雰囲気にはなりません。

強引なナンパを禁止行為にしている箱も多く、あまりしつこく言い寄ると警備員を呼ばれて店から追い出され、最悪出禁からの通報コンボを食らいかねません。

筆者
筆者
また、1回ごとに入場料を払わなければならないので、コスパ的にもあまり良いと言えず、セフレ作りの場所としてはクラブを選ぶのはあまりお勧めできないんです。
クラブナンパの評価

オススメ度
狙える年齢層10代20代
出会えるまでの平均的な費用3,000円~6,000円/回(入場料+1Drink)

ハプニングバー

さまざまな性的嗜好を持った人が集まり、お酒を飲みながらさまざまな「ハプニング」楽しむ、いわゆるハプバーに行くのもセフレを作る手段の一つです。

スワッピング、SM、露出など特殊な性癖を持った、セックス願望が強い素人同士が多く集まるため、すぐに体の関係に持ち込め、前述のナンパやクラブよりセフレ作りの難易度は低いんです。

ところが、初心者がセフレを求めて、なんの準備もせずに単独でハプニングバーへ飛び込むのはお勧めできません。

単独男性だとハプニングが起きない可能性も

ハプニングバーは単独の男性でも入店はできるのですが、ハプニングバーで起こる「ハプニング」の多くが、パートナー同士での「スワッピング(カップル同士がお互いのパートナーを交換しあうこと)」がほとんど。

カップルで来ている客なら、目的を同じくする他のカップル客同士とほぼ確実にハプニングが起こります。

しかし、単独で来ている男性は誰にも相手をしてもらえることもなく、他のカップル同士がハプニングを楽しんでいる姿をただ眺めることしかできないのです。

風俗店とは違って必ず女の子が付くシステムではないので、何の準備もしていないと、高い入場料を払って女の子と会話すらできずに帰るはめになります。

ハプニングバーを楽しみ、またセフレを作るには、ハプニングバーへ一緒に行ってもらう女の子が必要不可欠なのです。

筆者
筆者
でも、ハプニングバーに理解のある女性を見つけるのはなかなか難しいですよね。
筆者がそんなパートナー探しに効率的に使えたのは、以外にも出会い系だったんです。

出会い系でハプニングバーに興味がある女の子を探す

多くの出会い系サイトでは、アダルトな出会いをサポートする掲示板があり、そこであれば最初からハプニングバー向けの性癖を持った女性をピンポイントで探すことができます。

たとえば、ハッピーメールで「3P・スワッピング」でプロフィール検索すると、たくさんの女の子が表示されます。

出会い系ならペアで入場してくれる相手が見つかるプロフィール検索結果:ハッピーメール

目的はハプニングバーの好みの女の子をセフレにすることなので、ここで出会う女性はタイプの女の子じゃなくても問題ありません。

適当な女の子とハプニングバーに行く約束をすれば、スムーズにハプニングバーへ行ってハプニングを楽しむことができます。

上手くいけば、出会い系で会った女の子と、ハプニングバーで会った女の子の二人をセフレにすることもできるかもしれませんね。

ハプニングバーの評価

オススメ度
狙える年齢層30代40代50代
出会えるまでの平均的な費用15,000円~/回(入会料+入場料)

出会い系

「未成年が利用している」「業者やサクラしかいない」「ブスしか利用していない」など、一昔前はこういった悪いイメージが浸透していた出会い系サイトですが、最近は出会い系サイト規制法などの法律や、都道府県の条例がかなり厳しくなって、運営体制も大きく見直されました。

今ではフェイスブックやmixiのような、安全でクリーンなSNSサイトとして、「マッチングサイト」「出会いSNS」などと呼ばれて幅広い年齢層から男女の出会いの場として市民権を得るまでになったほどです。

筆者
筆者
いまや出会い系サイトは「友だちや恋人を探す健全なツール」として広がっているんです。
セフレの6割を出会い系で作った筆者の体感ベースで、セフレ作りにおいて最も効率的なのは出会い系サイトだと強く主張します。

筆者が1年間で作ったセフレの割合

出会い系がセフレ作りで効率的な理由

たくさんあるセフレ作りの方法の中から、なぜ出会い系が効率的なのか。
筆者が考える出会い系がセフレ作りに非常に向いている4つの大きな理由を説明します。

積極的に出会いを求めて使っている人が多い

目的が同じ人だけが使っているからセフレが作りやすい

前述したように、SNSサイトとして広がっている出会い系はCMやビル広告、アドトラックなどで積極的に世間に露出して知名度を高めているおかげか、以前とは比べ物にならないほどユーザーの数が多くなっています。

日本経済新聞によると、2019年3月の出会い系月間利用者数はおよそ180万人。2017年3月の84万人と比較しても、2倍以上も増えていると報じています。

出会い系の利用者数は3年で2倍以上に増加出典:日本経済新聞 電子版 2019/4/17付

ちなみに、大手出会い系の「ハッピーメール」でも累計会員数が2,000万人を突破しており、その世間への認知度は計り知れないものになっています。

使っている人が多いということは、様々な年齢、趣味、目的を持った人が登録しているということ。
もちろん、恋人をはじめ、セフレや一夜限りの相手を探している人まで、様々な人が登録しています。

筆者
筆者
ナンパやクラブとは違い、利用者の多い出会い系では、一度に複数の女性にまとめてアプローチできるので、後は返事が来た相手を待つだけでOK!
効率よくセフレを探したい方には、ぜひ利用してその良さを体感してもらいたいですね。

スマホ・パソコンでいつでもどこでも使える

スマホがあればどこでも使える
ネットで出会う最大のメリットは、ネットに接続できるスマホ・パソコンさえあればどんな時間・場所にいても手軽にセフレを探すことができること。

その手軽さからナンパやクラブなどより、敷居が低く気軽に始めやすいので、ユーザー数が多くなっているのかもしれませんね。

自宅はもちろん、移動中や就寝前でもメッセージや写メのやりとりが可能なので、手の空いた時間で気軽にセフレを作ることができます。

目的に合った相手が探しやすい

目的に合った相手が探しやすい

出会い系サイトはどんな関係で出会いたいのかが、あらかじめプロフィールで設定できるので、割り切ったセフレの関係を求めている女性が探しやすいのも出会い系が効率的だと言える理由の一つです。

出会い系はひと目で女性がどんな関係を求めているのかが分かる

ほとんどの大手出会い系サイトにはこうした出会いを求めている人のために、アダルト掲示板を用意しているので、そこで目的を同じくする異性と交流してスムーズにセフレを作れます。

そういった掲示板が用意されている出会い系は女性会員の利用が無料なので、女性の書き込み数もかなり多いんですよ。

使っていることが周りにバレにくい

昨今の出会い系はプライバシー性が高い

現在、どの大手出会い系サイトでも利用者が安全に使えるように本人確認が徹底されているのですが、その中にフェイスブック認証というシステムがあります。

Facebook認証画面ハッピーメールによるFacebook認証画面

このフェイスブック認証では、自分のフェイスブックアカウントと連携して、フェイスブック上の友達や、友達の友達のような「身近な人とはマッチングしない」という機能が標準で設定されており、家族はもちろん、友人間や仕事でのつながった人物にも知られずに、出会い系でセフレを探すことができるのです。

もちろんフェイスブック上で自分が出会い系を利用していることが投稿されてしまうということもないので、誰にも秘密にしたまま利用することができます。

筆者
筆者
以上の4つが、出会い系がセフレを作るうえで最も効率的な方法だと言える最大の理由です。

出会い系はアプリよりも”サイト”を利用した方が良い

セフレを探すなら「サイト」の方を使う
ほとんどの出会い系にはWebでそのまま使えるサイト版と、App StoreやGoogle Playなどの公式アプリストアからダウンロードして使うアプリ版の2種類存在します。

筆者
筆者
「同じサービスならアプリの方がスマホで使いやすいんじゃない?」
と思っている方も多いかもしれません。
しかし、サイト版とアプリ版には大きな違いがふたつ存在します。

出会い系はサイト版でしかアダルトな出会いができない

ウェブで使える多くの出会い系サイトではアダルトな出会いをサポートするサービスを提供しているのですが、App StoreやGoogle Playで配信されている「出会いアプリ」「マッチングアプリ」は、Apple社やGoogle社の規約上、アダルト表現は規約違反になっているため、サイト版では使えるアダルト機能がアプリ版では利用できません。

そのため、アプリ版では恋愛目的の利用者が多く、セフレなどを目的とした利用者のほとんどは、サイト版を利用しています。

アプリ版とサイト版の違い▲大手出会い系「ハッピーメール」の例。サイト版に存在する「刺激的な出会い」をはじめとした一部のアダルトコンテンツがアプリ版では削除されている。

Webで見られる「サイト版」であれば、アダルト機能が利用できるので、セフレを作りたい方はアプリ版ではなく、サイト版の利用をオススメします。

サイト版の方がポイント購入時の料金が安い

また、アプリ版のポイント購入時の料金は、Apple社やGoogle社への手数料分、サイト版と比べて高くなっています。

サイト版とアプリ版で購入できるポイント量を比較
ポイントアプリ版サイト版
2,000円分210pt230ptアプリ版より20ptお得!
3,000円分320pt400ptアプリ版より80ptお得!
5,000円分550pt700ptアプリ版より150ptお得!
10,000円分1150pt1500ptアプリ版より350ptお得!
5,000円分を購入した場合、各機能を使用できる回数
機能アプリ版サイト版
メール
1回あたり5ポイント
110回分140回分
掲示板閲覧
1回あたり1ポイント
550回分700回分
画像閲覧
1回あたり2ポイント
275回分350回分
ボイスチャット
15秒あたり3ポイント
45分通話可能59分通話可能

参考:ハッピーメール

筆者がセフレを一人作る場合に使った平均的なポイント「メール20回、掲示板閲覧5回、画像閲覧1回、合計107ポイント」を例に、5,000円分のポイントで何人セフレが作れるか比較してみると

サイト版だと7人のセフレを作れる計算に

サイト版の方が安くポイントを購入することができ、初めて利用するときのお試しポイントが貰えるのでお得に利用できるんですよ。

恋人探しや真剣なお付き合いを考えている人はアプリ版でも問題ないかもしれませんが、セフレを作る目的であれば、サイト版を利用した方が効率的でお得と言えます。

筆者
筆者
最近の出会い系サイトはサイト版でもアプリ版と同じように使いやすくなっているので、ストレスなく利用することができるのでオススメですよ!

出会い系のデメリット

出会い系も良いところばかりではありません。
もちろんデメリットもあり、気を付けなくてはならないところもいくつかあります。

相手の顔が見えない

ネットでのやり取りは相手の顔を見ることができない

ネット上でのやりとりが主な出会い系サイトでは、写真を交換するまでは基本的にお互いの顔を見ることがないので、「実際会ったら超ブスだった!」というケースも少なくありません。
これは出会い系サイト最大のデメリットと言えるでしょう。

筆者
筆者
プロフィールの写真に完全に騙され、期待に胸を膨らませて実際に会った女性がドブスだったときの筆者のショックは計り知れないものでした。

しかし、顔を直接見ずにやりとりできるので、面と向かってやり取りするよりも、緊張しないで話せて口説きやすいとも感じたので、人によってはメリットに感じることもあるかもしれません。

法規制後も18歳未満の利用を防げていない

18歳未満の利用者がいる可能性も否定できない

「出会い系サイト規制法」が施行されて10年ほど経ちますが、18才未満の利用を完全に防げているかというと、そうではないようです。

出会い系は年齢確認で未成年が登録できないような仕組みになっているのですが、他人の身分証などで年齢確認をするなどし未成年が登録している恐れがあります。
まれに援助交際などを持ち掛けたりすることもあるようです。

筆者
筆者
ただ、昨今の出会い系運営企業の努力の甲斐あって、出会い系における被害児童数は年々減少傾向にあり、現在では出会い系で未成年と遭遇するリスクもかなり低いものになっているようです。

コミュニティサイト及び出会い系サイトに起因する事犯の被害児童数の推移出典:警察庁サイバー犯罪対策プロジェクト

そんなデメリットもある出会い系サイトですが、セフレ作りになくてはならないと考えています。
デメリットを避けて利用するにはどうすればいいのか、筆者なりのこのデメリットの回避方法を書いていこうと思います。

デメリットを未然に防ぐ方法

会う前に必ず写真を交換しておく

写真のない女の子には注意!

プロフィール写真が設定されていない女の子は、ライバルが少ないため即会いしやすいのですが、ブス率が高めです。

筆者も数回ほど「ハズレ」を引いた経験から、出会い系サイトで会う約束をする前にはあらかじめ写真を交換するようするなど対策を講じると、会った時のショックが少なくて済みます。

また、プロフィール写真が設定されていても、ピースサインなどで顔の一部が隠れていたり、SNOWなどのアプリで写真が加工されている場合にも注意が必要です。

筆者
筆者
プロフィールの写真に完全に騙され、期待に胸を膨らませて実際に会った女性がドブスだったときの筆者のショックは計り知れないものでした。

少しでも怪しいな?と思った人には連絡しない・会わない

怪しいと思ったら関わらない

筆者の周りで悪質な利用者からのトラブルに巻き込まれた人から話を聞くと、
「会う前から言動がおかしかった」「やたら会話を長引かせようとしてきた」
というように、サイト上で怪しい言動や動きをすることがあったようです。

正体は援デリ業者だったり、悪質なサイトのサクラだったりさまざま。

少しでも違和感を感じたら連絡したり実際に会うのはやめ、ほかの異性を探すか違うサービスを利用する方が得策でしょう。

筆者
筆者
この2つの点にさえ気を付けていけば、出会い系でのセフレ作りに成功するはずです。
出会い系の評価

オススメ度
狙える年齢層10代20代30代
出会えるまでの平均的な費用1,000円~3,000円
(メール10回、掲示板投稿10回、画像交換数回ほど行った場合)

言ってしまうと、以上の点を守ってさえいれば、有名な出会い系サイトであればワクワクメールでもハッピーメールでもPCMAXでもどこでも安心してセフレ作りは可能なのです。

ただ、筆者が今までに使ってきた出会い系サイトの中で、最近かなりアツいと感じているのは以下のサイトです。

今セフレを作るために使える出会い系はハッピーメール

日本最大級の会員数。出会い探しならハッピーメール

筆者がイチオシ!セフレを作りたいならハッピーメール。

町のいたる場所に大きく宣伝されている▲心斎橋駅前の巨大看板広告

ハッピーメールは新規利用者の獲得に貪欲で、街中のあらゆる場所に広告を出したり、イメージガールとして人気タレントを起用したりと、宣伝活動に力を入れたことから会員数が激増している出会い系です。

2019年現在では累計会員数が2000万人を突破しており、他の出会い系と比べてもダントツの会員数を誇っています。

サイト別に見てもハッピーメールは会員数No.1!

出会い系サイトで会員数の多さは「セフレの作りやすさ」の指標であり、セフレ作りにおいて重要視するべき点です。

ハッピーメールは、いまやどのサイトよりもセフレ募集の書き込み件数が多くなりつつあり、今後もさらに会員数の増加が見込まれ、2021年には2500万人を突破すると予想されています。

2019年に会員数2,000万人を突破出典:ハッピーメール

また、ハッピーメールは、プロフィール欄に大人の関係(セフレ)を希望するかどうかを書く項目があり、最初からセフレ前提でメッセージのやり取りをすることが可能なので、セフレが欲しい男女同士が効率よくマッチングできます。

これらのことが、セフレ目的で数々の出会い系を利用した筆者が、一番オススメしたい出会い系はハッピーメールといえる理由です。

筆者
筆者
今なら、新規会員登録すると120ポイント(1,200円相当)が無料で貰えるので、ハッピーメールを始めるなら今が一番オススメですよ!

ハッピーメールなら最大1,200円相当のポイントが貰える!

ハッピーメール公式サイト

ここまで、セフレと出会う・セフレを作る方法を紹介してきましたが、ここからは一体どんな人ならセフレにしやすいのかを紹介します!

セフレにしやすい女の子っているの?

出会い系サイトはもちろん、様々な場面でもセフレになりやすい女の子の特徴というものは存在します。
筆者の経験から、セフレにしやすい女の子の特徴をまとめてみましたので、ぜひ読んでみてください!

恋愛体質で寂しがり屋

セフレにしやすい女の子の特徴:恋愛体質で寂しがり屋

  • 彼氏と別れた、好きだった男性からフラれたばかりで優しくされたい
  • 過去の恋愛経験がトラウマで恋愛感情のないセックスだけを求めたい
  • つねに誰かと肉体関係を持っていないと不安

特に、失恋や過去の恋愛にトラウマを持っている女の子は「愛を求めているけど突き放されるのは怖い」という心理から、肉体のみの関係を求めるようになり、セフレにしやすいんです。

筆者
筆者
そういった女の子は、出会い系のプロフィール欄などに「つらい」「寂しい」などネガティブなワードが入っていることが多いので、意外と簡単に見分けることができますよ。

男性の言うことを否定しない

セフレにしやすい女の子の特徴:男性の言うことを否定しない

セフレにしやすい女の子の特徴その2は、「男の言うことに逆らわない」ということです。

今まで筆者がセフレにしてきた女の子がこの「イエスマン」でした。

押しに弱く、人に嫌われたくないから自分の意見を言い出せない、周りからは「優しい子」とされているようなおっとりとした女の子こそが「男性に都合の良いセフレにしやすい女の子」にしやすいんですよ。

筆者
筆者
一般的にセフレにしやすい女の子は「派手で遊びなれている人」のイメージがあると思うのですが、実際は「自己主張が弱く地味な女の子」が以外と多いんですよ。

ちょいブスな子

セフレにしやすい女の子の特徴:ちょいブスな子

言い方は悪いですが、言い換えると「可愛すぎない子」が正しいのかもしれません。

自分がかわいいことを自覚している美人な女性と違い、男性を選り好みすることがないため、モテない男性と同じく、少ないチャンスにがっつく傾向があります。

男性側から見ると「俺でもイケる!」と思われるレベルの「ブスではないけど美人でもない女性」がセフレにしやすい女の子の特徴で、そういった女性の多くがセフレや、キープしておくのにちょうどいい都合のいい女性なんです。

筆者
筆者
ただこのケースは、男性本人はセフレだと思っていても、女の子自信が本気というパターンもあり、恋愛トラブルに発展しやすいというのも良く聞く話ですね。

彼氏に不安がある

セフレにしやすい女の子の特徴:彼氏に不安がある

付き合っている彼氏や夫との関係が冷め切っていてる、または浮気されているなど、パートナーへの不満がたまっている女の子はセフレとして狙い目です。

セックスレスや彼氏の浮気でストレスが溜まっている子の場合、ストレスのはけ口としてセックスを求めている場合が多く、セフレにしやすい女の子ともいえるでしょう。

このようにセフレにしやすい女の子は、共通した特徴があるというのが私の持論です。

こういった特徴がとくに顕著に出るのが、出会い系のプロフィールや、書き込みの内容なので、こういうところでじっくりと女の子の品定めができるという点でも、出会い系はセフレを探しやすいと言える理由の一つかもしれません。

筆者
筆者
以上の点を実践できて、セフレを作ることができる「アダルトな出会いを支援する仕組み」が整っているサイトを、数ある出会い系の中から、私が実際に使ってきて最も出会えることが多かったサイトを、サイトの違いや特徴を交えながら紹介していきます。

会員数が多くセフレを作りやすいハッピーメール

日本最大級の会員数。出会い探しならハッピーメール

前述でも紹介したハッピーメールは、今セフレを探す上で外せないサイトだと言えます。

会員数が2,000万人を突破したハッピーメールは、大人の出会い(セフレ作り)に特化した機能が充実していて、大人の出会いを求めるユーザーのニーズに応えた出会い系サイトです。

ハッピーメールのアダルト掲示板で筆者が会った女の子たちは、最初からセフレ目的だったり、一夜限りの関係を求めていて、セックスが好きな女の子が多い印象でした。

とにかく会員数が多いので、セフレ目的の女性が見つかりやすく、出会い率も高いので、筆者が思うに、ハッピーメールにさえ登録しておけばセフレに困ることはないと思います。

筆者
筆者
新規の人だとメッセージ送信20回分のポイントが無料でもらえるので、お金を使わずにセフレを作ることも可能です。
登録も簡単なので出会い系の中では始めやすく、セフレを作りたい人は一度試してみてもいいのではないでしょうか?
ハッピーメールの評価

オススメ度
女性の年齢層18歳~32歳
1ポイントあたりの料金約7円~10円
メール1回のポイント消費量5ポイント(約35円~50円)
出会うまでに必要なポイント50~100ポイント(約500円~1000円)

ハッピーメール公式サイト18歳以上の方はご利用になれません

若い女の子とセフレになるならワクワク

私の毎日が、アップデートするワクワク

ハッピーメール(累計会員数2,000万人)と比べると会員数で劣るものの、それでも750万人以上の累計会員数を持つ大手出会い系のひとつです。

Twitterのようなつぶやき機能や、ゲームなどのさまざまな機能が楽しめる出会い系SNSなので、筆者が会ってきた女の子も10代~20代前半の比較的若い女の子たちが多く、その若さに驚かされました。

スマホアプリ総合サイト「Appliv」によると、ワクワクの女性利用者層の約半分である49%が18歳~20代前半を占めており、その年齢層の若さに納得します。

特筆すべきは「18~19歳」と「20代前半」の女性ユーザーの多さ。なんと約半分近くも占めており、今回調査したアプリの中ではナンバー1の多さ。「とにかく若い娘と出会いたい!」という人にはオススメです。

引用:出会いアプリ「年齢層調査」。好みの年代はどのアプリに? | Appliv

若い子向けの雑誌や、ビル看板などにも広告を出していて宣伝に力を入れているのが、若い女の子の会員が多い理由のひとつなのではないでしょうか。

筆者
筆者
女性会員のほとんどが若いので、20代の人や年下のセフレが欲しい人にはオススメできる出会い系サイトです。
こちらも初回約1000円ほどのポイントが貰えるので気軽に試してみることができますよ。
ワクワクの評価

オススメ度
女性の年齢層18歳~25歳
1ポイントあたりの料金10円
メール1回のポイント消費量5ポイント(50円)
出会うまでに必要なポイント50~100ポイント(約500円~1000円)

ワクワク公式サイト18歳以上の方はご利用になれません

老舗出会い系サイトJメール

Jメール

Jメール設立が1997年と、20年以上も続いている老舗出会い系サイトです。

歴史が古いだけあって知名度や信頼性も高く、出会い系サイト初心者ならここ!とオススメできるサイトです。

今すぐ会ってHできる「今すぐあそぼっ」掲示板から、「Hな出会い」掲示板、「人妻の誘惑」掲示板や「アブノーマル」掲示板まで、目的ごとに細分化されたコンテンツが充実しており、目的を同じくした女性とマッチングしやすくなっています。

サイトも老舗だけあり、設立から利用している女性会員も多く、ハッピーメールやワクワクよりも年齢層が高くなっています。

筆者
筆者
そのため、出会い系の経験が豊富なお姉さん系の女性が多く、話しやすい方ばかりなのでセックスまで持ち込みやすいと思います。
年上のセフレをJメールで作ってきた筆者が、熟女好きにオススメしたいサイトです。
  • 年上の女性に甘えたい
  • 出会い系の経験豊富な女性にリードされたい
  • 経験豊富な女性といろんなプレイを楽しみたい

と考えている方なら、Jメールがニーズに応えてくれますよ。

Jメールの評価

オススメ度
女性の年齢層28歳~40歳
1ポイントあたりの料金8円~10円
メール1回のポイント消費量5ポイント(約40円~50円)
出会うまでに必要なポイント50~100ポイント(約500円~1000円)

Jメール公式サイト18歳以上の方はご利用になれません

セフレ作り体験者が多いPCMAX

PCMAX

略して「ピシマ」です。知名度の高い出会い系サイトなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

PCMAXも、セフレを探すにはピッタリの出会い系サイトです。

累計会員数1,300万人を誇るPCMAXは、ハッピーメールに次いで出会い系サイトの中では2番目に利用者数が多く、掲示板の書き込み数も多いんです。

実際に掲示板を見ると、セフレを探している人の書き込みが多く、セフレ候補が見つけやすくなっています。

PCMAX検索結果

また、裏プロフィールという「アダルトな出会い」を求めている人だけに表示されるプロフィールがあるのでどんな関係を持てる相手を探しているのか、週何回エッチしたいのか、イクときのリアクションまで赤裸々に公開されているんです。

筆者もこの裏プロフィールをよく利用していました。
閲覧するのにポイントは必要ですが、セフレ目的の女の子が見つかりやすいので、お勧めですよ!

筆者
筆者
筆者は現在、このPCMAXと、ハッピーメールのふたつをメインにセフレを作っています。
この二つのサイトさえあれば、セフレを作りに困ることはありませんよ!
PCMAXの評価

オススメ度
女性の年齢層24歳~35歳
1ポイントあたりの料金8円~10円
メール1回のポイント消費量5ポイント(約35円~50円)
出会うまでに必要なポイント50~100ポイント(約500円~1000円)

PCMAX公式サイト18歳以上の方はご利用になれません

初めてセフレを探し始めるときは、まず自分に合った探し方から

ここまで様々なセフレの探し方や、セフレにしやすい女の子の特徴などを書き連ねてきましたが、初めてセフレを探すのであれば、まずは自分に合った探し方から見つけることが大切です。

様々な方法を試してみることは、それだけ女性との出会いが増えるということ。

ナンパに挑戦してみてもいいですし、クラブへ出かけてみるのもそれだけ自分の経験につながります。

出会い系サイトは、ほかの方法を試している間でもできるというメリットを持っているので、同時に様々な探し方をすれば、セフレを作れる確率も必然的に上がるのです。

ひとつの方法にこだわらず、また、ひとつの出会い系サイトにもこだわらず、様々な手段・道具を使いこなしてこそセフレマスターへの道は切り開けます。

まずは今すぐ簡単に実践するなら、いつでも始められる出会い系サイトに無料で登録してみてはいかがでしょうか。

あなたが自分好みのセフレをGETできるように応援します!