体の相性を確かめてから付き合う若い男女が急増中!?セフレから恋人になる方法

恋人同士になったとしても、セックスの相性が悪いことが原因で別れてしまうことが少なくありません。合理性を求める若い男女の中には、体の相性を確かめてから互いに納得して付き合い始めるカップルがいます。

単に体の相性を確認するだけでは、セフレと変わりが無いので、恋人になるための方法を理解した上で体の相性を確かめることが望ましいでしょう。

体の相性がいいと感じるときはどんなとき?

体の相性がいいと感じることが出来れば、心が離れてしまう可能性を減らせます。すれ違いが多かったり不満に思うことが増えると、恋人関係は長続きしません。

体の相性がいいと感じるポイントには、男女間で認識の違いがあると知っておくことも重要です。

女性が体の相性がいいと感じるとき

性行為をしたいと考えているタイミングが合う男性とは、相性がいいと感じることが多いです。セックスが始まってから、受けと責めの両方を互いに行うことが出来れば、前戯段階で大きく盛り上がるでしょう。

挿入時に気持ちいいと感じることも重要な項目ですが、後戯については女性は一体感を求めているので、まったりとした感覚を味わうことが出来れば相性がいいと感じられます。

男性が体の相性がいいと感じるとき

男性が体の相性がいいと感じるのは、挿入中に膣が締まることを最も挙げる人が多いです。しかし、前戯で互いに受けと責めの両方を行えることも重要となっています。

性行為を誘った時に、女性が応じてもらえる割合が高ければ、相性がいいと感じるでしょう。男性が女性に対して相性がいいと感じるのは、前戯から挿入に至り射精に到達するまでが中心です。

女性が出す喘ぎ声に対して、性欲を掻き立てられることも多いので、喘ぎ声を出すタイミングとリズムも重要となります。

体の相性が合わないと感じる男女の理由

体の相性が合わないと感じてしまうと、心の距離も離れてしまい別れに繋がりやすくなります。性行為に対して相手にリクエストを出しにくいからこそ、体の相性が悪いと思われないように注意して性行為に及ぶ必要があります。

どのように場合で、体の相性が悪いと感じてしまうのか知っておけばある程度対策が可能でしょう。

女性が体の相性が合わないと感じる理由

女性は挿入行為自体よりも、前戯と後戯を重要と考える傾向があるので、愛撫が不十分な状態でクンニもせずに挿入する男性とは体の相性が合わないと感じやすくなります。

男性本位のセックスでは、男性が射精した段階で終わりにしてしまったり、女性がエクスタシーを感じて満足していない状態で性行為を終了させてしまうと不満しか残りません。気持ちいいと感じるセックスがしたいわけです。

男性が体の相性が合わないと感じる理由

男性は、前戯から挿入して射精するまでの間が重要と考えている人が多いです。膣の締まりが悪いと感じてしまうと、気持ち良さが半減してしまい射精感がなかなかこみ上げて来ません。

前戯の段階でフェラチオをしてもらえないと、十分な勃起が出来ないこともあります。一般女性の中にはフェラチオを十分出来ない人もいることを理解していないことが原因です。

声をあげない女性も中にはいるので、興奮を掻き立てられないと不満に感じてしまう男性も少なくありません。

付き合う前に体の相性を知るメリット

交際を開始してから親密になり、いざ性行為を行った段階で不満が残る状態ならば、付き合いは長続きしないでしょう。

人間の3大欲求のうち性欲が占める割合は、食欲や睡眠欲よりは少ないとはいえ、性欲が満たされない状態が長く続くことは好ましくありません。

交際相手がいるにも関わらず、体の相性が悪ければ浮気の原因となって喧嘩別れを招くでしょう。付き合う前に体の相性を確かめておけば、フェラチオが必須と考えている男性やクンニが必須と考えている女性もセックスにより満足出来るはずです。

体の相性と心の距離は、ある程度連動していると考えられます。

セフレ関係から恋人になる5つのステップ

体の相性が良い男女は、割り切った関係としてセフレ関係となることがあります。

体の相性は抜群に良いにも関わらず、単なるセフレ関係でしか無い状態は、男女一方にとっては次第に恋心が芽生えて感情の温度差が生まれかねません。

セフレ関係であっても、キッカケと努力により恋人関係に発展出来る可能性があると知っておきましょう。いきなり気持ちを伝えることはせずに、5つのステップを順に辿ると成功率は上がります。

セフレ相手が本当に好きなタイプを見極める

セフレ関係になっている状態では、男性は女性に対して本心を明かさない傾向にあります。

男性にとっては自らの性欲を発散出来る素晴らしい相手として女性を見ているので、本気で好きになる対象を女性に知られないように警戒している人すらいる状況です。

セフレ関係から恋人関係に発展させたいと考えるのは女性が多く、相手の男性が本当に好きなタイプの女性像についてこっそり調べることから始めると良いでしょう。

好みの異性のタイプが分かれば、自分を改造して行けば良いわけです。

ファッションをセフレ相手の好みに合わせる

相手の好みの異性が分かったら、ファッションや趣味をセフレ相手の好みに合わせるようにすると良いです。セフレ相手の好みに合わせる努力をすることで、振り向いてもらえるチャンスを探します。

多少自分の信念を曲げることになったとしても、背に腹は代えられないですから実行あるのみです。

セックスを焦らしてセフレ相手の気持ちを揺さぶる

セフレ相手が恋愛関係を持てない原因として、セックスの対象としてしか見ていないことが挙げられます。

相手の目的であるセックスを時々お預け状態にして、セックスなしの食事やドライブといったデートに誘ってみることが大切です。

体目的から一緒にいる時間が楽しいことへと意識を変化させることが出来れば、単なる体の相性がいいセフレという関係からの脱却を目指せます。

セフレ相手がセックスをお預けされたことに対して、不機嫌にならないように様子を窺いながら実行に移すことが重要です。

セフレ相手の仕事やプライベートに関心を示す

セフレ相手のことを深く知らない状態であっても、セフレ関係ならば続けることが出来ます。しかし、恋人関係を目指すならば互いのプライベートについて深く知るだけでなく、興味関心を持つことが重要です。

極度にプライベートなことを相談し合える関係になれたら、既に体だけでなく心にも繋がりが出来ていると考えて良いでしょう。

セフレ相手の仕事や趣味だけでなく、家族に関する問題であっても親身に相談に乗ることから始めてみることも大切です。

本当の気持ちをセフレ相手に伝える

セフレ相手に対してよく知らない状態のまま、体の相性がいいという理由で付き合っている状態がセフレです。

互いのプライベートについて詳しく知った上で、相談し合える関係になった時点で、セフレ相手も関心を持ってくれている状態となります。

いきなり告白をしてもよく知らない相手と真剣交際は出来ないので、相手のことを良く知っているセフレ相手となった段階で恋人関係になりたいという本当の気持ちを伝えてみると良いでしょう。

セフレ掲示板