セフレを作るときに「セフレを募集している・セフレになって」は禁句?

セフレ募集

セフレという言葉は、男性にとって都合が良いセックス相手に用いられています。女性の中には、セフレという単語を出してしまうだけで拒否反応を示す人が少なくありません。

セフレを募集している男性は、ヤリ目と呼ばれて敬遠されてしまうので、女性に対して興味関心がある点をアピールする必要があります。

セフレになってというアプローチは逆効果ですから、親しい関係を目指すことが求められます。

セフレは嫌だと思っている女性でもセフレになる理由

セフレという関係ではなく、最初は援助交際から始めていても、いつの間にか仲良くなった結果としてセフレ関係になっていたという例は少なくありません。

セフレに対して嫌悪感を示している女性の中には、自分が事実上のセフレ関係となっていることに気が付かないパータンです。

最初はセックスのみの関係で金銭授受を伴っていても、何度か援助交際を続けるうちに食事のみでデートするといった方法により、身近で親しい存在となることが何より重要です。

ある程度面識があり、親しい関係になってから食事に誘うと、流れでホテルへ向かいセックスしたとしても金銭授受を伴いません。

お金という見返りを求めることなく、セックスパートナーとなってしまうことに後から気付いたとしても、セフレに対する嫌悪感とは異なり自然な成り行きでセフレになっているわけですから納得済みのはずです。

いつの間にセフレ関係となってしまうのは、親しい人間関係になれるかどうかにかかっています。

いつの間にかセフレ関係になっているがベスト

セフレ関係に発展するためには、最初からセフレとなることを意識させないことが重要です。食事やお酒を飲む間柄からでも、流れでホテルへ行くことはあります。

援助交際がキッカケであったとしても、親しくなれば援助交際以外の目的で会うこともあります。お酒が入れば互いに開放的になるので、なぜかホテルでセックスしている関係になっていることもあるでしょう。

気がつくと毎回のように会えばセックスする関係になっている状況が生まれて、後から考えればセフレ関係だったと分かります。

実際にセフレ関係にある間は、疑問に思わずに親しい関係の延長として会っているだけとかんがえがちです。しかし、相手を意識せずにセックスを金銭授受無しで繰り返し行えば、セフレ関係が成り立っている状態となります。

無理をせずにセフレ関係が構築出来るので、いつの間にかセフレ関係になることはベストと言われるわけです。

付き合っているふりをしてセフレにするには?

セフレ関係は自然の成り行きで成立するものだけでなく、男性が女性に対して付き合っている素振りを見せてセフレ関係が成立しているケースもあります。

ゲスな方法とはなるものの、彼氏彼女の関係を匂わせて何となく交際スタートしているような気分にさせるわけです。

女性としてもハッキリと告白されたわけではなく、確認をすることで振られてしまう可能性を考えて、敢えて正確な関係について確認しない方法を選ぶこともあります。

結果的に、女性は男性と付き合っているつもりであっても、男性は単なるセフレとしてしか女性を見ていない状態が生じます。

男女間で交際方法に相違がみられるわけですが、短期間のセフレ関係を築く方法としては有効です。なぜなら、女性が彼女ではなくセフレだったと気付くまでの期間は、通常のセフレよりも濃厚な関係を持つことが出来るからです。

セフレでしか無いと判明した時点で、女性から別れを告げられることになりますが、既に次のセフレ候補を用意しておけば、セフレ相手が途切れることは無くなります。

関連記事

関連記事

童貞にもおすすめ!初めてのセフレを作るのに熟女がいい理由

メンヘラ女はセフレにしやすい?メリットとデメリットをご紹介

友達以上恋人未満の関係!女性がセフレの男性に求めている事とは?

女子大生をセフレにする最善の方法!

4割以上の女性が彼氏・旦那がいてもセフレ関係をもったことがある!?

友達関係からセフレ関係になる方法をご紹介