セフレを募集するときに必要な心構え8ヶ条

セフレ募集

男性にとって都合が良い存在となりがちなセフレは、作るのが難しいと考えがちです。しかし、実際には恋人を作るよりもセフレの方が体だけの関係で済む分だけ簡単です。

多くの人は、セフレとしての付き合い方を知らないために失敗します。セフレを募集する時に必要な心構えを理解して、楽しいセックスライフを送りましょう。

あなたのセフレに対するイメージは?

セフレといえば、男女どちらかがセックスをしたいと考えた時に、相手を呼び出してホテルへ直行するイメージを持っている人が少なくありません。

しかし、実際にはSMプレイによる主従関係がない限り、そこまで都合の良い関係は無いでしょう。実際には、双方がセフレと認識している場合と、女性のみセフレとは気づいていない場合の2パターンがあります。

双方がセフレと認識しているならば、互いに都合が合った時のみホテルで待ち合わせをして、快楽を好きなだけ追求する関係です。

一方、男性はセフレとして付き合っていても、女性は彼氏として交際中だと思いこんでいる場合があります。セフレとして良くないイメージを持つのは、男性が女性を騙していると思われる後者のバターンでしょう。

セフレとの出会いが多いキッカケ

セフレとの出会いは、身近に相手がいなければ実際に会える優良出会い系サイトが中心となっており、PCMAXやハッピーメールで知り合ってからセフレに発展するパターンです。

男性とは異なり女性向けの風俗店を街中で見掛けることは無いでしょう。欲求不満になっている女性は、出会い系サイトを利用してセフレ探しをしていても不思議ではありません。

以前恋人関係にあった男女がセフレに発展することも多いですが、過去に交際した人全てを合わせても出会い系サイトの掲示板で知り合える数を上回ることは有り得ません。

職場や友人の中から、体の相性が良いからという理由でセフレに発展する場合には、関係が壊れた時のリスクを覚悟しておく必要があります。

セフレになれる相手に心当たりが無ければ、匿名性を持った状態で出会える出会い系サイトの掲示板を利用してみると良いでしょう。

彼氏がいる女性がセフレを作る心理

彼氏との関係が順調であっても、女性の性欲が満たされていない状態や、彼氏と会える日数が少なくて別の男性とのセックスに興味を持つ人も多いです。

彼氏とのセックスが淡白すぎたり、エクスタシーを感じることが出来なければ、欲求不満が溜まってしまいます。

彼氏を大切に思うほどに激しいセックスを求めて関係が壊れては困ると考えて、別の男性とセフレになることで、普段満たされない性的欲求を解消するためにセフレを作ることになるでしょう。

セフレとの連絡手段はメールよりLINE

30代や40代の男性視点からは、セフレとの連絡手段としてメールが手軽で便利と考えられています。しかし、10代20代や多くの女性は、LINEやカカオトークといったSNSツールを駆使して、多彩な連絡ツールを確保している状況です。

メール送受信では相手が読んだかどうか分かりませんが、LINEならば既読が付くのですぐに分かります。

通知のオンオフを設定することも出来るので、セフレを探す時にはLINEやカカオトークといったSNSツールのID取得と使い方をマスターしておく必要があります。

セフレとのLINE交換のときに注意するポイント

彼氏持ちのセフレや既婚者とLINE交換を行う際には、セキュリティー面に注意が必要です。設定次第では、外部にクローンを作られてしまうことがあり、PCから同じIDでLINEメッセージ内容を確認することも出来ます。

スマートフォンの手動ロックを解除されて設定変更されてしまうと、会話内容が筒抜けとなって某芸能人の不倫スキャンダル同様にLINEメッセージ内容が流出という事態になりかねません。

セフレが妊娠してしまうトラブルを避ける方法

セフレとのセックス時には、原則としてコンドーム着用を心掛けておく必要があります。実際にはコンドームであっても避妊成功率は100%では無く、妊娠するリスクは存在します。

快楽を追い求めて、コンドーム無しでセックスを行うと、女性側が低用量ピルを使って避妊していたとしても、絶対とは言えません。

本名を互いに知っている間柄では、妊娠してしまうリスクを避けるために避妊には細心の注意を払う必要があります。

セフレとは出会い系サイトのみで知り合い、本名を互いに名乗っていなければ、セフレとの関係はある日突然連絡を断つことで回避出来ます。

道義的に問題がありますが、セフレ関係にある間は常に妊娠のリスクに対する意識を持った上で行動しなければなりません。

元カノがセフレになるNO.1候補

出会い系サイトでセフレを探しているならば、同時に元カノに対しても軽いアプローチを掛けておくと良いです。

なぜなら、元カノとは以前交際時にセックスをした経験があるはずですから、何らかの理由があって別れたとしても互いの体の相性は良く知っています。

元カノに対して1ヶ月~3ヶ月に1回程度、軽い挨拶のメールを送っておくだけで、ある日突然元カノからの返信が来ることがあります。

元カノに彼氏がいても、交際が順調な時は返信は無いはずですが、彼氏と喧嘩をしたり関係が悪くなっていると元カレに相談したり、鬱憤晴らしに会ってくれるようになるわけです。

互いに相手のことを知っているので、自然な流れでいつの間にか相談を繰り返すうちにセフレ関係になっていることが多いです。

セフレを作りたいなら行動あるのみ!

セフレの候補となる相手は、元カノであったり友達の彼女であったりと様々です。会社の同僚や知人という範囲でセフレを探すと、関係が悪化した時のリスクが高いですが、セフレになることは出来ます。

出会い系サイトを使って知り合う方法ならば、匿名性を維持しつつ自分の性欲を開放して快楽を追い求めることが出来るでしょう。

しかし、メール1つ送ることや声掛けであっても、セフレを作りたいならば実際に行動しなければ何も始まりません。セフレは待っていても出来るものではなく、自ら行動を起こすことによって、様々な方法で自らセフレ関係を作るものです。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

女性がセフレを欲しがる理由5選!赤裸々な本音を大調査

NO IMAGE

セフレになるべくしてなる女性の特徴3選