人妻のセフレをゲットした場合に注意するべきポイント

セフレ募集

ここ数年彼女がいなくてセックスがご無沙汰になっている時はムラムラしてしまう事が多いでしょう。それで女子大生など若い女性をセフレにする人もいますが、最近では30代以上の人妻をセフレにする人が多いです。

しかし人妻をセフレにした時は注意したいポイントもあるのでしっかり確認していきましょう。

人妻とLINEやメールをするなら時間帯に気を付ける

女子大生など若い女性は自由な時間も多いのでセフレにした時に連絡を取るのにあまり気を遣う必要はありません。それで自分の都合に良い時間に合わせてセフレにLINEやメールをする事が多いです。

しかし人妻は家庭があるので若い女性とは生活している状況が異なっています。

特に土日祝日や平日の夜の時間帯は夫が自宅にいる可能性が高いのでLINEやメールで連絡をしてしまうとセフレがいる事がバレてしまう可能性があります。

それでいろいろと面倒な事になってしまうので人妻をセフレにした時はLINEやメールをする時間帯に気を遣わなければいけません。

人妻をセフレにした時は夫がいない可能性が高い平日の午前中や昼間などにLINEやメールをすると良好な関係を保ち続ける事が出来ます。

デートをする時間・場所は人妻の都合に合わせる

セフレが出来ると定期的にセックスをするために女性と会う事になります。女子大生など若い女性をセフレにした時は周囲の人に見られてもあまり影響する事はないので特に気を遣う必要はありません。

しかし人妻をセフレにした時は会う時間や場所も気を遣わなければいけません。平日の夜の時間帯は夫が帰宅するので家事をしなければいけません。

土日祝日は仕事が休みの可能性が高いので夫が一日中自宅にいる可能性が高いです。平日の夜の時間帯や土日祝日にセフレにした人妻にセックスしようと誘ってしまうと不都合になってしまう事が多いです。

セフレにした人妻にセックスしようと誘うのはなるべく夫がいない可能性が高い平日の午前中か昼間にしましょう。また会う場所も人通りが多い場所だと人妻の知り合いに見られてしまう可能性があります。

それで人妻が他の男性と会っていると近所で噂になって生活しにくい状態になってしまう事もあります。セフレにした人妻と会う時はなるべく人通りが少ない場所を選んで周囲の人に怪しまれないようにしましょう。

不倫関係になるので最大限の注意を払う

女子大生など若い女性は結婚しているわけではないのでお互い合意をしていればセックスをするだけの関係でも特に問題ありません。

しかし人妻は結婚している状態なのでお互い合意をしていてもセックスをすれば不倫をしている事になります。

人妻がスマホの履歴などを夫に見られて他の男性と定期的にセックスをしている事がバレてしまった時は不倫をしているという扱いになるので慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

それで日常生活の中でいろいろと面倒な事が起こってしまうので人妻をセフレにする時は最大限の注意を払う事が大切になってきます。

自分の都合に合わせて人妻とセックスをしてしまうと人妻が不都合になってしまい夫にバレてしまう可能性があるのでなるべく人妻の都合を優先させるようにしましょう。

人妻は若い女性に比べて性経験が豊富なのでセックスに対する積極性がすごくあります。それで人妻をセフレにすると激しいセックスを定期的に楽しめるメリットがあるので病みつきになってしまう事も多いです。

最近では人妻をセフレにした方がいいと考える人も増えてきていて出会い系サイトを利用して人妻を狙う人多いですが、このように注意したいポイントもいくつかあるのでしっかり確認してから人妻をセフレにして楽しくセックスをしましょう。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

仕事や人間関係で疲れた体を癒してくれるセフレを作ろう

NO IMAGE

恋人気分が味わえるセフレとの休日の過ごし方をご紹介

NO IMAGE

セフレとの関係を良好に保つためにするべき10のこと