童貞卒業!初めてのセフレ作りに熟女・人妻がおすすめの理由と注意点

1,355人がこのページを参考にしています。

セフレ募集

童貞といえば熟女なんて、まるでAVの世界の話のように思われるかもしれませんが、童貞がセフレにするのに熟女ほど相応しいものはありません。

熟女の性に対する欲求は、童貞の飽くことない女に対する欲望は、見事に調和するからです。

童貞は熟女の開発された身体で女を知り、セックスを知ることが出来、熟女は童貞のパワーセックスに満たされない思いを発散することが出来ます。

この組み合わせはAVではなく、現実の世界でこそ永遠なのです。まずはそんな熟女とのセフレ関係を作ったほうがいい理由についてご紹介していきます。

童貞がセフレを作るのに熟女がおすすめな理由

童貞は女性と会話することに慣れていなく、どう女性を扱えばいいのか分からないという男性が多いと思います。

そんなタイプの男性こそ熟女とのセフレ関係はマッチします。まずはなぜ、熟女だとセフレ関係が作りやすいのかについて説明していきます。

30代以上の女性はセックスレスな関係が多く欲求不満

幾多の経験によって開発された熟女の身体はすでに、発情した一匹の雌猫にたとえられるほど、盛りが付いています。ひとえに熟女はセックスに長じています。

しかし、長年連れ添った旦那は同じ相手とのセックスに倦怠気味なこともあり、とても毎晩の相手は望めません。勢い熟女はその火照った身体を持て余すことになります。

そして、欲求不満がボルテージに達すると、若い男の激しい希求を妄想するまでになります。30代以上のセフレを作りたい熟女女性は、アブノーマルないやらしいセックスがしたくてたまらないのです。

女性の扱いに長けていない童貞男性こそ熟女がおすすめ

一方、童貞は女を知らないから童貞です。童貞の願望は「とにかくセックスがしたい!」ということです。この激しい欲求と、熟女の熱望は見事に一致します。

熟女が童貞のセフレとして相応しい一番の理由です。童貞が求めれば求めるほど、熟女の身体は燃えてくるものなのです。

利害が一致するくらい話が進みやすいシチュエーションもありませんから、童貞はセフレに熟女を探せば必ず上手く行きます。

そして、ひとたび熟女とセックスが出来るようになると、熟女は性に対して貪欲なだけに、いろいろとセックスについて教わることが出来ます。

女を知らなかった童貞が、熟女を通してセックスを知り、女を知ることが出来るようになります。これが、その後の別の女との関係にも役立つため、童貞は熟女をセフレにするのが理想なのです。

まずは熟女で女の身体を知ることからはじめましょう!

40代 熟女 セフレ 40代熟女とのセフレ関係の作り方!年下好きのアラフォー女性との付き合い方を伝授

熟女とのセックスが病みつきになる理由とは?

熟女の身体は、適度に肉が付いていて、抱き心地満点です。しかも、旦那や別のセフレによって開発された身体は、一から教え込む必要がないまでに既に、いろいろな体位や快感の壷を知り尽くしています。

ですから童貞が無理して性感帯を開発する必要がありません。既に開発された身体を若いパワーで刺激してあげるだけで悦ばすことが出来ます。こんなに便利な身体もないわけですね。

それとそもそもセックスは、快楽であり欲望のはけ口でもありますが同時に、究極のコミュニケーション手段でもあります。

コミュニケーションであるからには、相手の身体が未開発であったり、性に淡白であれば、いくらこちらが上手く振舞いたくても、満足の行くオーガニズムに達することは出来ません。

その点からも、身体が開発をされしかも欲求不満状態にある熟女とのセックスでは、コミュニケーションが計りやすいのです。

初めて会って初めてするセックスの時から、身体を合わせるだけで通じ合うものが生まれたりします。究極のコミュニケーションをいともたやすく実現させてくれるから、熟女とのセックスは病みつきになりやすいといえます。

とかく童貞は、セックスの快感だけに目を奪われがちですが、実際のセックスでは、コミュニケーションがより満足度の高いセックスにつながります。逆にいえば、コミュニケーションが生まれないセックスで、満足を得ることは難しいのです。

コミュニケーションは長年の経験と関係があります。熟女はただ単に年を重ねた生き物ではないだけに、コミュニケーションが童貞とも計りやすいのです。つまり、セックスの満足度が得やすいのです。

独身の熟女をセフレにするときの注意点

熟女女性をセフレ関係にすることがいかに良いかについて分かりましたでしょうか?

ここからは40代以上の熟女女性をセフレにするときの危険性や注意点についてもご紹介していきたいと思います。

晩婚化が進み結婚願望のある独身熟女が増えている

近年の傾向として晩婚化が挙げられています。生涯を独身で過ごす男女も少なくありません。

そうした世相を反映して、かつてなら人妻に違いない年齢に達していても未だ、独身のままの熟女も世の中にはたくさんいます。

それだけに、熟女のセフレを探し出すと、相当数の独身熟女にぶち当たる可能性も高くなります。セックスだけの関係では収まらず、結婚まで考える熟女も多いので見極めには気を付けましょう。

独身熟女をセフレにするときのNGワード「好き」

セフレは言うまでもなく、セックスパートナーであって、人生のパートナーではありません。つまり、こちらに結婚の意志はないわけです。

ところが、女の本性というか本能として、関係を持った男との結婚を一度は考えます。どうしても防衛的になります。

ここは独身熟女をセフレにする際、気を付けなくてはならない点です。つまり、相手をその気にさせてはならないのです。

そうさせずに身体の関係だけにするには間違っても、「好き」は連発しないようにしましょう。また必要以上のデートや連絡のやりとりもNGです。あくまでも身体だけの関係ということをお互いが分かっていることが大事です。

童貞は人妻熟女を狙え!人妻の熟女がセフレ向きな理由

独身熟女の方とのセフレ関係は長くは続かず、短期間のうちに終わることが多いです。

その主な原因は上記でも説明した通り、相手の女性があなたのことを結婚対象としてみてしまうからです。

セフレとの関係を長く続けたいのであれば、40代以上の人妻熟女を狙いましょう!ここからは人妻熟女がセフレに適している理由についてご紹介していきます。

旦那とセックスレスな人妻の性欲は無限大

独身熟女の反対が人妻熟女です。これはもう、セフレにするためにいるような存在です。

なぜなら、結婚をしていて旦那がいるわけですから、セフレに対して結婚を要求してくることは絶対にないからです。

それでいて、旦那とセックスレス状態だからセフレを探しているわけで、セックスの要求は人一倍強い状態。セックスがしたくてたまらない訳です。

女性の性欲は30代中間がピーク!セックスに飢えている人妻が多い

医学的にいって女の身体は、出産に関しては18歳くらいから27歳くらいまでがもっとも相応しいそうです。女の適齢期が20代前半に置かれているのは、ここからも間違っていません。

しかし、出産とセックスに対する欲求は、必ずしも女の場合一致しません。出産を終えた女の身体がセックスに貪欲になり出すのは30代以降と言われ、とりわけ30代の半ばは性欲のピークです。

人によっては30代後半、40代前半にまで及ぶこともあるそうですが、いずれにしてもこの年代の熟女はまずセックスに飢えていると見て間違いありません。

この状態の人妻をセフレにするのは分けないことです。見つけたら簡単にセフレに出来ます。なにしろ相手はしたくて仕方がないわけですから。

その上しかも、面倒くさい関係になりかけたら、つまり所有欲を発揮し出して来ても、「君は人妻なんだから」と釘を差すことが出来ます。

こうしてとことんセフレとして利用できる点が、人妻熟女をセフレにする最大のメリットです。