コンパニオンをお持ち帰りしてセフレにできる?

1,018人がこのページを参考にしています。

今はあまり馴染みがなくなりつつありますが、宴会といえばコンパニオンというのが付き物です。

キャバクラやスナックなどでお酌をしてもらうのとは一味違います。

「宴会で乱交の相手をしてくれる女性」というイメージを持っている人も少なくないでしょうが、実際はどうなのでしょう。

また、そんな職業であればセフレになってくれる人がすぐに見つかるのではないかといったことなど、コンパニオンをセフレにすることは可能かどうかについて詳しく解説していきます。

コンパニオンの仕事ってどんな感じ?

コンパニオン(Companion)には仲間・付き添いなどの意味がありますが、日本では主に「温泉地の旅館、ホテルなどの宴会で(主に男性)客の相手をする女性」のことを指しますが、男性コンパニオンもいるので性別限定というわけではありません。

厳密な意味合いにおける分類や仕事内容については異なる可能性もありますが、ここで取り上げているコンパニオンついては前述の通りです。

コンパニオンとは、「男性を気持ちよく飲ませる仕事」

語弊はあるでしょうが、コンパニオンという仕事を一言で言い表すとこのようになります。

男性が気持ちよくお酒を飲めるようにお酌をし、話を聞き、励まし、慰め、共感しながら翌日以降の仕事を頑張る活力を与えるのがコンパニオンだといって良いでしょう。

また、中には性的なサービスありきの環境で働いている場合もありますが、それはあくまでも個人間の話です。

コンパニオンには種類があります!

コンパニオンという仕事は、それぞれ基本的な仕事内容や許容範囲に応じていくつかの種類に分けることができます。

イベントコンパニオン

キャンペーンガールなどと同じようなポジションであり、主に展示会、各種イベント会場、新商品発表会や説明会などで活躍します。

たとえば東京ゲームショウでポップやチラシを配ったり、企業のロゴを掲げて周囲へアピールしたりしている女性がこれです。

パーティーコンパニオン

料亭、ホテル、旅館や多目的ホールなどで開催される食事会(宴会)などで給仕、接客を担当します。

詳しくは状況に応じてまちまちですが、いわゆるコンパニオンと言われて多くの人が連想するのがこれです。

レストランのウェイター、ウェイトレスに近い存在で、キャバ嬢感覚で利用する人が多いです。

ピンクコンパニオン

多くの場合、性的なサービスも提供する余地のあるコンパニオンのことを指しますが、具体的な定義はありません。

通常の業務(給仕や接客など)とは別に追加料金を受けて性的なサービスを提供する場合もあれば、ランジェリーやコスプレなどで視覚的なサービスをするに止まる場合もあります。

なぜ?コンパニオンがセフレ探しに向く理由

最初に断っておきますが、「(ピンク)コンパニオン=セフレにしやすい存在」というわけではありません。

その難易度は人によってまったく違う為、場合によってはピンクコンパニオンの方がハードルが高く、通常の方が低いということも起こり得ることをよく覚えておきましょう。

ポイントになるのは、その女性個人の性格や思想など私的な部分です。

それを踏まえたうえで、セフレ向きのコンパニオンにはどういう特徴があるのかを見ていきましょう。

キャバ嬢などと比べてプロ意識が低い

コンパニオンの地位が低いとかそういうことではけっしてありませんが、全体的な傾向として「お金が良いから何となく……」といった理由で働いている女性が多くプロ意識は高くありません。

そのため、自分にとってメリットがあればついつい過剰なサービスを受けてしまうことも増えるため、そこを狙ってセックス、そしてセフレへと関係を進めていくことが可能です。

お金が欲しい女性が多い

女子大生やフリーターなども働いていることが多いものの、どちらかというと子持ちの主婦が家計を助けるためだったり、自分のお小遣いを得るためだったりという理由で働いていることが多いです。

キャバ嬢などと比べて給料はぐんと下がってしまいますが、コンビニやスーパーなどと比べれば明らかな高給が得られます。

「追加でお金がもらえるなら……」と個人的な関係を受ける女性も中にはいます。

仕事を得るために枕営業をすることも

コンパニオンの世界にも人気の概念があり、人気のある女性ほど仕事が多く、人気がなくなると仕事も少なくなってしまいます。

客から指名が入る状況はけっして多くないものの、出勤数が増えれば収入も増えていくので枕営業をも辞さないコンパニオンも少なからずいて、条件件次第ではそういう女性をセフレにすることも可能です。

コンパニオンのセフレとはどこで出会える?

コンパニオンと知り合う方法として、最もオーソオックスなのは実際に利用することです。

ただ、その方法は効率が良いとはいえないため、効率を求める場合は出会い系サイトなど別の方法も取り入れた方が賢明でしょう。

宴会に呼んで口説くのが基本形

人数に対して何人のコンパニオンを呼ぶのかなどで金額は違いますが、おおむね1人当たらい1万円ほどで呼ぶことができます。

飲食込みの価格なのでキャバクラなどと比べて割安だといえるでしょうが、一緒にお酒を飲みながら口説いて連絡先を教えてもらうというのが正攻法です。

時間を延長することはもちろん可能ですが、そのままベッドインという流れは中々難しいので、ここでは連絡先を聞き出して改めて誘った方が確実です。

出会い系サイトならセックスありきで会える

宴会中のナンパは、派遣元のスタッフが送迎をすることが多い関係上すぐにセックスというわけにはいきませんが、出会い系サイトを介して個人的に知り合った場合はセックスを目的にあることも難しくありません。

年齢、容姿、職業、趣味や好みなど詳細な条件を基に女性をピックアップすることもできるので、より希望に沿ったセフレが見つかる可能性大です。

特に出会い系サイトを利用する女性の多くはセックスを目的としているため、余計な手間を掛けずともセックスに至れるということもポイントです。

コンパニオンを口説いてセフレにするコツ

コンパニオンは仕事上、多くの男性に口説かれます。

顔が良い、体格が良い、性格が良い、稼ぎが良いなどさまざまな条件で「良い男」と知り合っている可能性が高いわけなので、そういったライバルを出し抜かなければいけません。

ただ、逆にあまり男性に人気がないであろう女性をターゲットにするという方法も効率的には狙い目です。

自分の魅力をしっかりアピールする

何かしらの一芸に秀でているという自負があれば簡単な話です。自分の特徴などをしっかりとアピールして女性の興味を引きましょう。

しかし、そういったアピールポイントがないという場合も諦める必要はありません。

誰もが一芸に秀でているわけではありませんが、女性に寄り添って話を聞くことくらいならば誰にでもできます。

女性をリスペクトする気持ちを持って接していれば、自然に仲良くなっていけることでしょう。

基本的なナンパ術を学ぼう

セフレを作ろうとするならば、いかに女性を気持ち良く乗せられるかも大切です。

分かりやすいナンパ術はもちろんのこと、世の女性はどういう男性に対して性的な魅力を感じるのかを勉強することは欠かせません。

すでに紹介した「話を聞く」という行動は簡単なようで難しく、これをしっかりとこなせている男性は多くありません。