風俗嬢はセフレにしてなんぼ!上手にタダマンする方法

1,014人がこのページを参考にしています。

「素人童貞」という言葉もありますが、風俗といえば世の男性諸君の性欲はもちろんのこと、そのほかのさまざまな欲求をも満たしてくれる救世主といえるのではないでしょうか。

ただ、風俗を利用しているとついつい考えてしまうのが「何とかお金を払わずにセックスできないものか」ということ。

恋人にするには少々気が引けてしまうという人でも、もしも風俗嬢をセフレにできたらと考えてしまうのは男の性です。

そこで、今回は風俗嬢をセフレにしてタダマンするための方法を紹介していきます。

実は多様!まずは風俗の種類を紹介

と、その前に、まずは風俗の種類について紹介しておきます。

一口に風俗、および風俗嬢といってもその種類はさまざまで、当然それによって狙い目、狙い方が変わってきます。

環境、プレイ内容などによってこんなに種類がある

 

  • ソープ(ソープランド)
  • ピンサロ(ピンクサロン)
  • デリヘル(デリバリーヘルス)
  • ホテヘル
  • 箱ヘル(店舗型ファッションヘルス)
  • イメクラ(イメージクラブ)
  • 性感エステ
  • おっパブ(おっぱいパブ)
  • セクキャバ(セクシーキャバクラ)
  • 手コキ、オナクラ(オナニークラブ)
  • 回春エステ
  • SMクラブ

代表的なものだけでもこれだけの種類があります。

細かいものまで含めればさらに細分化できてしまうのですが、主な違いはどこでプレイに及ぶのか、どんなプレイができるのか、どういうシステムになっているのかなどです。

狙い目はデリヘル!

たとえばソープには高級なお店が多く、当然従業員教育も徹底しているため取り入るスキがない可能性大です。

そもそもほかの風俗もルールが徹底しているところが多いのですが、その中でもデリヘルならばセフレのチャンスが比較的期待できます。
とりあえずは、数ある風俗の中でもデリヘルがねらい目ということを覚えてください。

デリヘル嬢がセフレになりやすい理由は「環境」にあり!

デリヘル嬢がセフレ相手として狙い目である理由ですが、たとえば次のようなものがあります。

密室空間でコミュニケーションがとれる

その他の風俗店も密室のところは多いですが、いかんせんお店の目が光る環境下です。

その点、デリヘルならばホテルや自宅というある種隔離された環境なので、比較的自由度が高いです。

ただし、中にはプレイ中の会話をボイスレコーダーなどですべて録音しているお店もあるので、心配な場合は事前に確認しておくと良いでしょう。

プライベート感が強い

もちろんデリヘル嬢は仕事としてその場にいるわけですが、特に自宅に呼んでいる場合などは非常にプライベートな雰囲気が強い環境です。

淡々とプレイを行っている間は仕事という意識があったとしても、その雰囲気を取り払ってあげて気持ちに隙を作ってしまえば、いつしか仕事という感覚を忘れさせることも不可能ではありません。

単なる性処理道具として見られる経験が多い

デリヘル嬢がセフレとして狙い目としている最大の理由がこれです。

たとえばソープや箱ヘルでも男性の目的の大半は性処理なのですが、前述した通り比較的緩いルールの中でのプレイ環境からかデリヘル嬢を道具のように扱うお客が非常に多いです。

そのため、しっかりと女性として、まるで彼女のように大切に扱ってあげることで一気に親密になれる可能性があります。

デリヘル嬢=セックス好きは厳禁!仲良くなる方法を紹介

「性風俗嬢=セックスが好き」という感覚は偏見であり、多くがこの認識を嫌っているので、まずはこの感覚を捨て去ることが必要です。

そのうえで、先にも書いた通りデリヘル嬢に対してリスペクトの意識をもって接しましょう。

どんな理由でその仕事をしているのかは分かりませんが、あくまでも一人の女性として大切に扱ってあげるだけで高く評価してもらえる可能性が高く、そこからプライベートで交流が持てるようになるチャンスが生まれます。

一方的なサービスを要求するのではなく、まるで恋人同士のようなセックスを与えてあげましょう。

デリヘル嬢をセフレにする危険性についても無視できない

プロをセフレにできれば、それはそれは楽しいセックスライフを送れる期待大です。

しかし、手放しに喜んでもいられません。

普通の女性よりもお金がかかるかも

デリヘル嬢の中には金銭的な問題を抱えている女性も少なくありませんが、必ずしもそうではありません。

当然、「稼げるから」という理由で率先してデリヘルという仕事を選択している女性もいるわけなので、その分金遣いが荒い可能性があります。

性病のリスクも無視できない

定期的に検査をしているデリヘル嬢が多いものの、タイミング次第では性病のリスクがあります。

それこそ生死にかかわる病気に罹るリスクもあるので、絶対に無視できません。

怖い人が出てくる可能性も

客とのプライベートな関係を禁止しているお店にバレてしまったり、そうでなくともセフレにしたデリヘル嬢との関係が悪くなってしまうと怖い人が出てくる可能性もゼロではありません。

デリヘル嬢をセフレにする方法を具体的に紹介

まずは好感を持ってもらうことが肝心

女性として丁寧に扱うこと、セックスでしっかりと女性にも満足してもらうこと、趣味など共通点を見つけて共感しあうこと。

デリヘル嬢をセフレにするためには、まずこれらのことを意識して実践することが大切です。

体の関係はなくとも良いので、まずはプライベートで会える関係を目指しましょう。

信頼を得ることを強く意識

プライベートで会えるようになったからといって、すぐにセックスができるとは限りません。

むしろ、仕事ではない分セックスまでの道のりは遠くなる可能性すらありますが、お酒を飲んだりしながら焦らず信頼を高めていきましょう。

単なる「良い人」から「素敵な人」へとステップアップを目指します。

やっぱり最後はセックスが決め手

プライベートでは意外とガードが堅いデリヘル嬢だったとしても、仕事とはいえ一度はプレイを経験しているということもあって、きっかけさえあればすんなりとベッドインできる可能性はあります。

お酒を飲んで楽しめるようになったら、そのままの勢いでセックスまで持ち込んでしまいましょう。

そして、そこでもしっかりと女性として扱う丁寧なセックスで体だけでなく心も満足させることができれば、それ以降はセフレとしてタダマンし放題です。

狙うべきはプライベートな出会い!出会い系サイトがおすすめ

実際にプレイをするところから始める環境の方がセフレにしやすいですが、「そんなかわいいデリヘル嬢に当たるまでお金を使いたくない!」という人もいるでしょう。

そんなときには、出会い系サイトやSNSを使って手早く好みのデリヘル嬢を見つけるというのも手です。

出会い系サイト

おすすめは「PCMAX」「ハッピーメール」など大手サイトですが、その理由は安全性に加えて利用者数の多さです。

恋人として性風俗嬢を敬遠する男性は意外と多く、業務セックスでは満たされない欲求を解消するべく出会い系サイトを利用しているデリヘル嬢は少なくありません。

自分がデリヘル嬢であることを明かして登録しているかどうかは分かりませんが、簡単にセフレにできる女の子がたくさん利用していることは確かです。

そもそもの目的がセックスという女性が多く、面倒なやり取りが必要ないとことも魅力です。

SNS

出会い系サイトに比べて手間と時間がかかってしまいますが、その分お金を掛けずにきっかけが得られる点がメリットです。

デリヘル嬢であることを明かして登録している女性の中から好みの女性を探し、コメントやDMを駆使し接点を持つというハードルがあるものの、プライベートな情報が多いので意外と話題には事欠きません。

セフレの作り方
セフレ募集掲示板でセフレを作る方法を大公開