話し上手は聞き上手|聞くのが上手な人が行っている事5選

1,001人がこのページを参考にしています。

話し上手は聞き上手

セフレの作り方

話す力が問われる状況はビジネス以外にもたくさんあります。

多くの成功者が漏れなく持っている能力の一つでもある話す力ですが、むしろ大切なことは対極にある聞く力の方かもしれません。

というのも、聞き上手は話し上手であることが多く、それによって人心を掌握できるからです。

同様に話し上手は聞き上手といわれることも多く、それぞれは密接に関係していることが見て取れます。

また、コーチングの分野でも聞く力は重要な位置づけにあり、相手からの信頼を好感を得るためにこれがいかに重要なことなのかが分かります。

そこで、聞き上手が行っている5つのポイントを紹介していきます。

まずは、ついつい聞き下手、話し下手の人が行ってしまっている行動を紹介しましょう。

聞き下手・話し下手が行っている行動

  • 相手の話を最後まで聞かない
  • 否定的に反応してしまう
  • 話の意図を読み取ろうとしない
  • 自分の話に持っていきたがる
  • 単純に聞いている姿勢や態度が悪い

他にも特徴的な行動はあるかもしれませんが、聞き下手、話し下手といわれてしまう人の多くがこれらの条件に複数合致します。

性格などにもよりますが、基本的に人は自分の話をしたがる性質があり、それをそのまま表現してしまうとネガティブなイメージにつながりやすい傾向があります。

単純に、「自分の主張を我慢して相手の主張を受け止める努力をする」ということが大切なのですが、それも表面的な部分だけでは相手からの信頼を得られず聞き下手の烙印を押されてしまい兼ねません。

相手の話を聞きながら「そういえば私も」「私だって」という風に自分の話をしたがること、「でもさ」「だって」と否定的になってしまう、「ふーん、そうなんだ」「へー、大変だね」など興味のなさが明らかな反応をするなどは典型的な行動です。

また、意外と多い特徴が相手の意図を正しく認識できていないことで、相手にしてみれば「こんなに頑張って話したのに何も理解してもらえなかった」と落胆してしまいます。

では、逆に聞き上手、話し上手な人がどのような対応をしているのかを見ていきましょう。

話を最後まで聞き、自分のことは話さない

聞き上手な人の大きな特徴として、まずは相手の話を最後まで聞くことが挙げられます。

相手が思っているがままの心情をそのまま吐き出させ、自分の話はせずに相手の気持ちに寄り添って反応するのみに終始します。

これは、相手の思いの丈をすべてぶちまけられる環境を与えてあげることによって気持ちが楽になるだけでなく、話しながら自分自身で解決策などに気付くチャンスを提供してあげることもできる素晴らしい対応です。

途中で話を遮らず、相手の意見を否定せず、ただただ相手から湧き出てくる言葉に耳を傾けましょう。

相手の考えについて否定や反論をしない

たとえば、「私の彼氏が別の女性と」という話をされたとして、「でも、あなただって彼氏以外の男性と親しくしているじゃない?」などと反応してはいけません。

仮にそれが事実であっても一先ず相手の思いの丈をすべて受け止め、直接的に否定するのではなく間接的に自分自身で気付くように話を誘導してあげられるのが聞き上手、話し上手な人の大きな特徴です。

愚痴や相談事を話したいと思っている人の多くは、とにかく自分の話を聞いて欲しいだけの可能性が高く、その際に自分の主張が理不尽であることを理解できている場合も少なくありません。

ただただ話したいという欲求をしっかりと満たしてあげられるかどうかが、相手からの評価を大きく左右します。

話し相手の身振りや手ぶりを真似てみる

心理学でいうところの「ミラー効果」ですが、相手の行動に同調するように振舞うことで好感を高めることができます。

たとえば、相手が脚を組んでいれば同じように足を組む、相手がコーヒーを飲めば自分も飲む、頬杖をつけば自分も頬杖をつき、相手が好き(嫌い)だと言ったことを自分も好き(嫌い)と同調するなどです。

要するに相手の行動や言動を真似て同じようにするだけなのですが、これを意識するだけで相手から好かれる可能性が飛躍的に高まります。

相手の伝えたいことを考え肯定してあげる

人は誰しも自分の意見や考え方を否定されることを好みません。

仮に自分が間違っていると認識していたとしても、はっきりと「あなたは間違っている」と言われてしまうと反抗心が芽生えてしまうこともあります。

まずは相手の意見すべて肯定してあげましょう。

一旦飲み込んで相手を受け入れておき、それから「もしもこういう風にしたら、もっと良い結果になるんじゃないかな?」と提案してみたり、コーチング技術を取り入れて「期待する結果を得るためにはどうすれば良かったと思う?」という風に誘導してあげると一気に評価が上がります。

表情は相手に合わせ、感情は顔で表現する

これもミラー効果に通ずる部分がありますが、相手が楽しそうな表情をしたときには自分も楽しそうな表情をし、相手が神妙なまたは悲しげな表情をしたときには自分も同じような表情をしましょう。

相手から見て、「あなたも私の気持ちに共感してくれているのね」という印象を与えるためにももちろん効果的ですが、相手と同じような表情をすることで心理をより深く理解できるという副次的な効果も期待できます。

心の中では同じように思っていたとしても、それが相手に伝わらなければ意味がありませんから、必ず表情や行動などで表に出すことが大切です。

相手の事を思いやる気持ちが一番大事

聞き上手、話し上手な人は、とにかく相手のことを第一に考えて行動します。

相手が話したいことをとことん聞く姿勢を持ち、少しでも気持ち良く話せるように努める姿勢があるからこそ「話しやすい」といった評価を得られるわけですが、そのためには内心で思っているだけでなく相手に直接伝わる方法でアピールすることが大切です。

  • あなたの話を聞きたいと思っています
  • あなたの気持ちに寄り添っています
  • もっと話してください

こういった姿勢が相手に伝わるかどうかが上手、下手を分ける大きなポイントです。

必ず相手に伝わる形で思いやる気持ちをアピールしましょう。

セフレの作り方
セフレ募集掲示板でセフレを作る方法を大公開