気遣い上手な男性の特徴!モテる男性のレディーファースト術10選

1,002人がこのページを参考にしています。

レディーファースト 男性 特徴

セフレの作り方

理不尽なことに、世の中には何を意識しているわけでもないのに女性にモテる男性がいます。

しかも、けっして容姿が優れているわけではないのにモテるから恨めしさは倍増です。

容姿が優れている男性ならまだしも、失礼にも「なんでこんな男が?」と思う男性がそんなにモテるのには何かしらの理由があり、それを知ることが手っ取り早くモテ男になるコツです。

ここでは、モテる男性の特徴を10個ピックアップして紹介します。

これがすべてではありませんが、モテる男性はなぜモテるのかを知るだけでも大きな違いがあるので、よく覚えておきましょう。

会った瞬間に何か1つ褒めてあげる

待ち合わせで顔を合わせたとき、道で偶然遭遇したとき、仕事中にその日初めて接点を持ったときなどに何か一つ褒めるということを意識しましょう。

デートの待ち合わせであれば「今日も可愛い(キレイ)だね」と言えるでしょうが、カップルではない状態でこれを言うとセクハラ扱いされる可能性もあるので注意が必要です。

髪型、ファッション、ネイルやアクセサリーなどを褒める方法が無難ですが、たとえば「今日も元気だね」「いつも明るくて助かるよ」などと言っても良いかもしれません。

歩道は道路側を歩く

これはモテる男性云々ではなく、基本的に男性が女性にしてあげる行為だと考えた方が良いでしょう。

車道側は車や自転車の往来があるので幾分危険が多く、また排ガスなどの影響を少しでも軽減するために女性を歩道側に寄せてあげるのがマナーです。

できるだけ自然に、「いつの間にか車道側を歩いてくれている」と感じてもらう状況がベストなので、そうできるように練習しておくと良いでしょう。

ただし、女性によっては歩道側を嫌がる場合もあるので、初めてのときに反応をしっかりと確認することが必要です。

なぜ嫌がるのかは人それぞれですが、この行為の起源といわれていることを調べておくと良いかもしれません。

女性の歩幅に合わせ長時間の移動は避ける

身長差も関係しますが、女性はヒールなど歩きにくい格好をする機会が男性よりも圧倒的に多く、その関係で歩くスピードが遅くなりやすいです。

歩きづらい靴を履いている場合は特にそうですが、仮に歩きやすい靴を履いていたとしても女性の歩くペースに合わせることが必要です。

また、当然ですがデートのエスコートプランにもその辺を織り込んで考え、「歩きづらくないかな」「歩く時間が長すぎないかな」と気遣ってあげましょう。

お手洗いのタイミングを定期的に作る

一緒に行動している最中、定期的に自由な時間を作るように意識しましょう。

というのも、常に異性が隣にいる状況ではできないこと、気になってしまうことが女性にはあるからです。

たとえばトイレ、女性によっては中々トイレに行きたいと言い出せない場合もあります。

気兼ねなく「ちょっとお手洗いに行ってくる」といえる女性であればまだ良いのですが、そうできない「かもしれない」女性に対してもしっかりと配慮していきましょう。

荷物をもってあげる

これもモテる男性がよく行っている行動の一つです。

一見すると女性の尻に引かれているような印象を持っている男性もいますが、少しでも長く楽しい時間を過ごすための配慮と思えば安いものでしょう。

日常的にかばんなどを持ってあげられれば良いのですが、最低でも買い物をしたときなどは荷物を持ってあげることが大切です。

ただ、両手いっぱいに荷物を持ってしまうと女性と手をつないで歩くことができなくなってしまうなどの弊害もあるので、そうなりそうな状況では車を準備するなど先を見越した配慮ができるとさらなる高評価が得られます。

レストランではエスコートしてあげる

高級店であれば店員さんが椅子を引くなどのサービスをしてくれますが、一般的な普段使いのお店でそんなサービスはまずありません。

入店から少し前を歩き、着席時は椅子を押してあげてから自分が座る。

そして、女性を急かすことなく注文を考えさせつつ良きタイミングで店員を呼ぶといったスマートで紳士的なエスコートが求められます。

もし、これをすべて実践することが難しいのであれば、せめて席を薦めたり店員に合図を送ったりするくらいのエスコートはしましょう。

定員さんへの対応は丁寧に行う

女性から見た「男性を残念だと思うランキング」ではいつもトップランクに入る行動、それがこれです。

仮に女性に対しては紳士的な態度だったとしても、店員に対して横柄な態度をとってしまえばすべてが台無しです。

「店員に上から目線の男性は、いずれ自分に対してもそうなりそう」と感じる女性が大多数であることをよく理解し、常に真摯な行動を意識することが大切です。

今日日、「お客様は神様」などという考え方は時代遅れも良いところなので、真摯な対応を心掛けましょう。

会計は女性がお手洗いに行っている間に行う

食事が終わると必ず必要になるのがお会計です。

「いくらですか?」「私も払います」などと本気で言ってくれる女性もいますが、ここで一言「もう払ったよ」と切り返すことができればスマートです。

理想としては、女性が財布を出す暇もなく会計が終了していることを察する状況ですが、せめて女性を横に立たせたままで会計をすることは避けた方が良いでしょう。

タイミングはさまざまですが、たとえば女性がお手洗いに立ったときは狙い目です。

ただ、それでは時間が足らない可能性もあるので、逆に自分がお手洗いに立ったとき、または複数回に分けて済ませても良いでしょう。

エレベーターではドアを抑える

基本的には何の問題もなく乗り降りできるだろうエレベーターも、すっとドアを押さえて女性をエスコートしてあげられれば一味違った印象を与えられます。

結果的に同じなので「開く」ボタンを押すという選択肢もありますが、ここはやはり女性の前で男性的な行動を表すことが大切です。

正直、指一本で力も必要なくドアがしまるのを止めることはできますが、あえて手を伸ばした形で押さえましょう。

また、このときに周囲の状況を確認し、もし乗りたがっている人がいれば優しく招き入れてあげるとさらなる高得点が狙えます。

スマホは極力見ない・会話を盛り上げる

これは女性に対するモテる男性の対応というよりも、人付き合いの礼儀として覚えておいた方が良いです。

もしも一緒にいる女性が時計やスマホを頻繁に見ていたとしたら、「もしかして帰りたいのかな?」と思うのではないでしょうか。

これは女性も同じで、男性が腕時計やスマホを頻繁に見ていると「私といても楽しくないのかな?」「他の人との方が良いのかな」と思わせてしまい兼ねません。

常にあなたのことが一番気になっていますよというアピールを忘れてはいけません。

会話に集中して女性を気持ちよくしてあげることが重要です。

心理学的にも、時間を意識させる行為は相手に対してネガティブなイメージを与える可能性が高いといわれているため、絶対に止めましょう。

女性の表情や仕草でして欲しいことを見抜ける男になろう

男性ならば一度は気になって調べたことがあるであろう「女性がエッチをしたいときの合図」、その中には「ボディタッチが多ければチャンスあり!」といったハウツーが紹介されています。

これと同じように、女性は表情、行動、言動などで自身が期待していることを表すことが多く、その合図に気付いてあげられるかどうかはモテる男性かどうかを大きく左右します。

ここまでに紹介してきた中で、「お手洗いのタイミングを作ってあげる」「自然に女性を車道から遠い方にエスコートする」などは自然にできることが重要ですが、何も難しいことはありません。

  • 女性のことを第一に考えて行動することができる
  • 誰に対しても人当たりが柔らかで親しみが持てる
  • 女心を的確に刺激してあげられる
  • 随所に紳士さが伺い知れる立ち居振る舞いができる

これらが実践できていれば良いだけですが、明らかに女性受けを狙っていると察されれば元も子もないので、自然に女性がして欲しいことを理解できる男性になる必要があります。

簡単なことではありませんが、少しでも女性の心理を察してあげられるようになれば女性からの信頼を得やすくなり、それがモテることに繋がっていきます。

セフレの作り方
セフレ募集掲示板でセフレを作る方法を大公開