司書が好き!セフレにする方法と魅力【地味子?めがねっ娘?むっつり?】

1,008人がこのページを参考にしています。

世の男性の多くは「めがね」にエロスを感じますし、地味目なオタク女子風な子に惹かれる節があります。

その理由はいくつもありますが、中でもセフレ候補として人気が高い職業が「司書」です。

詳しくは順に解説していきますが、「派手ではないが尽くしてくれ、素直で男性を立てることを怠らない最高のセフレ」を探しているならば、司書は外せません。

司書をセフレにするための基本的なことは、ここを見れば分かります。

司書ってどんな仕事?内容を簡単に紹介

司書という仕事はあまり馴染みがないかも知れませんが、主な仕事は「図書館で本の管理や運営」です。

公立図書館や学校などにある図書館にある本の貸し出し、返却を管理するのはもちろん、利用方法を説明したり利用者の好みなどからおすすめの本を紹介したりもします。

また、問い合わせの電話やファックスなどにも対応するほか、図書館として購入する本の選定、配架、全体のレイアウト設計や簡単な修理なども行います。

外に向けた仕事もある

場所にもよりますが、たとえば地域住民に対してイベントを行う場合は、その運営を行うのも司書の仕事のうちです。

たとえば、地域の子供向けに読み聞かせを行うイベントでは、司書がピックアップした本を自分たちで読み聞かせたりもします。

真面目さを利用して!司書をセフレにするために押さえたい特徴

あくまでも傾向の話ですが、司書という仕事に就いているのは大人しい性格の人が多いです。

学生時代は文科系に属して、休憩時間は静かに読書をしているような女性が多いため、それを踏まえてアプローチの方法を考える必要があります。

意見を尊重しつつもリードすることが大切

優柔不断というわけではなくとも、自分の意見を発信することが苦手な女性が多く、その辺りを察してリードすることが大切です。

ただ、内心では思うところがあって我慢していることもあるので、必ず一緒に考えるというスタンスを取りましょう。

深入りしすぎると抜けられなくなるかも……

恋愛に慣れていないので、男性からアプローチを受けると引いてしまう傾向がありますが、それに負けずにコミュニケーションを取ろうとしていると気を許してくれやすいです。

何とかデートの約束を取り付けることができれば、そのままの流れでホテルインもできてしまうくらいガードは甘めなので、最初の部分をどう攻略するかがカギを握ります。

ただし、セフレというポジションを納得しきれないことも多く、付き合いが長くなるほどに関係を深めたがられることもあるので注意が必要です。

司書と出会う方法

基本的には職場(図書館)で親しくなり、それから徐々にプライベートで会うようになるという流れになりますが、合コン、紹介、SNSや出会い系サイトでも知り合える可能性はもちろんあります。

足しげく通って単純接触効果を利用しても効果的

まず一番簡単な方法は、その女性が働いている図書館に通って親しくなっていく方法です。

気になる本の題名を告げ場所を教えて思っても良いですし、好みを告げておすすめの本を紹介してもらうということもできるので、非常におすすめです。

ただ、どこかのタイミングでデートに誘う積極性が求められるため、しっかりとテクニックを磨いておきましょう。

図書館のイベントは一気に親密になるチャンス

子供向けのイベントが多いという難点はあるものの、大人が一人でも参加できるようなイベントが開催される場合は積極的に狙いましょう。

業務の一環という状況は同じかもしれませんが、普段とは違った状況で会話を交わすことで距離をぐっと縮められる可能性もあります。

職場近くの書店をめぐってみる

要は、偶然を装って出会うことで「運命」のような雰囲気を演出するわけです。

本が好きならば書店に顔を出している可能性は高く、そこで「偶然ですね」などと白々しく接近しつつ食事に誘っても良いでしょう。

出会い系サイトで探す

ここまでメイン設定としているような女性が出会い系サイトを利用する可能性は高くありませんが、中にはもちろん出会い系サイトを利用している司書もいます。

出会い系サイトのメリットは出会った時点でセックスまで行きつける可能性が非常に高いところであり、そういう女性であればセフレにするのも楽です。

司書と仲良くなる秘策!ほっと一息つける雰囲気をプレゼント!

大人しい女性に共通する特徴として、たとえば以下のようなものがあります。

・男らしい男性に惹かれる
・ストレスが溜まりやすい
・さみしがり屋
・気を使いすぎる
・人の話を聞きたがる
・一途でのめり込みやすい

退屈な毎日にちょっとした変化をもたらす存在になる

たとえば悩みや不安などを話せる関係になると、それまでは一切自分の弱みを出さなかった女性が一気に甘えるようになるというような変化はけっして珍しくありません。

大人しい女性は特にストレスを抱えていることが多く、しかしそれを発散する術を持たずに毎日同じペースで生活を繰り返しているだけということがあるので、そこに外から共感してあげるだけでも印象が大きく変わります。

ほんの少しだけ気持ちが安らげる時間を与えてあげることが大切です。